豊富な加工方法を選べるオリジナルユニフォーム専門店

ルーツ仕事日記

ルーツ仕事日記

オリジナルユニフォーム、オリジナルエナメルバッグの(有)ルーツです。最新の制作事例をご紹介しております。

2015年5月28日

ポロシャツへの刺繍

カテゴリー:ポロシャツ

春夏用の会社スタッフ用ポロシャツとして刺繍加工をして納品いたしました。
P1030014

P1030011

左胸ポケットの上、左袖、背中衿下の3箇所に刺繍加工をいたしました。
今回は会社のロゴ、キャラクターロゴ、文字の組み合わせで刺繍の型をそれぞれ手配して刺繍いたしました。

各箇所の刺繍の原寸大の大きさは下記の画像の様になります。
P1030018

P1030020

P1030015

左胸ポケットの上 →横 100mm× 縦 24mm
左袖         →横  90mm× 縦 73mm
背中衿下      →横 110mm× 縦 28mm

上記の大きさになります。

今回の刺繍の大きさは一般的な大きさでの刺繍になります。

お客様のご要望に沿って刺繍手配いたします。

記 尾崎

2015年4月9日

ポロシャツへの小さな刺繍と大きなプリント

カテゴリー:ポロシャツ

DSCF0986DSCF0990DSCF0991DSCF0998

 

ポロシャツへお奨めしたい複合加工をご紹介します。
小さな刺繍と大きなプリントの組み合わせです。

刺繍は高級感もあり、色数が多くても単色デザインとほとんど価格は変わりません。
ただデザインが大きくなると高くなってしまいます。
そこで小さなデザインを刺繍で胸や袖に、そして大きなデザインはプリントで背中に入れる
複合加工はお奨めです。

刺繍は糸の動かしかたで元が同じデザインでも出来上がりには大きな差がでます。
糸の動かしかたを決めるのは刺繍職人の腕の見せ所です。
動かし方を決める機械もありますが機械のままではたいていきれいな刺繍になりません。
職人が調整変更することにより数段出来栄えがよくなります。

シルクプリントは小さくても大きくても加工価格は同じですので大きさは気にせずにデザインできます。

ポロシャツ製作事例ページもご覧ください
http://www.e-roots.jp/poro/

2014年6月27日

白ポロシャツに白刺繍

カテゴリー:ポロシャツ, 加工方法(刺繍、プリント等)

DSCF0649
DSCF0651

白ポロシャツに白刺繍です。
黒商品に黒刺繍や黒プリントという組み合わせはたまにご注文頂きますが、白×白は初めて作らせて頂きました。
2014年の記念品として作成されるにあたり、お客様より「来年度も皆さんに着て頂きたいのでさりげない刺繍にしたい」というご要望があり白×白となりました。

同じデザインでも色によってイメージが大きく変わることはよくあります。
刺繍は商品によって刺繍糸色を変えることができますので、お揃いで作成されるときにデザインは全員共通で糸色はそれぞれという事も可能です。

刺繍カラー選びをお楽しみください。

参考ページ(直刺繍)
http://www.e-roots.jp/kakou/about_no5.html

記 幸田

2014年5月12日

転勤記念でお揃いのポロシャツ

カテゴリー:ポロシャツ, 加工方法(刺繍、プリント等)

IMG_2370

転勤される方への贈り物として、また皆様の記念としてポロシャツをご注文頂きました。
袖には転写プリント、胸には刺繍加工を施しました。

黒のポロシャツに2色の明るい色をのせるとパンチの効いた少しかわいい商品に仕上がることが多いです。

お客様より下記のコメントを頂きました

「昨日、無事に記念ポロシャツを渡すことが出来ました!
その人が、トイレに行っている間にみんなポロシャツを着ているという流れで、とっても驚き、涙が出るほど喜んでくれました!!(涙は出ていませんでしたが)

デザインやら金額やらで大変お手間をおかけしました!!また機会があればよろしくお願いいたします!!」

これから夏に向かって暑くなる中、お揃いのポロシャツをご検討される際はお声掛けくださいね。

記 幸田

2014年4月25日

かっこいいポロシャツ(ワッペン)

カテゴリー:ポロシャツ

130904-023

岡山大学のゼミの教官、学生の皆さまよりお揃いのポロシャツのご注文を頂きました。

お客様よりうれしいコメントを頂きました。
「おかげさまで昨日、教官とゼミ生にポロシャツを配ることができ、大好評でした。試着までさせていただいて、好みのサイズを選んでもらえたので、先生もとても気に入られて喜んでおられます。本当にありがとうございました。」

シンプルで落ち着いた感じで且つ存在感のあるポロシャツをというご要望でした。
ご要望に基づきご予算等含めて打ち合わせの結果、エンブクロスワッペンということとなりました。

ポロシャツへの直刺繍もいいのですが、ワッペンも高級感があってかっこいいです。
通常は直刺繍より少し割高になりますが、デザインによってはコストダウンする場合もあります。

かっこいいポロシャツを作成する方法としてワッペンはいかがですか。

記 幸田