豊富な加工方法を選べるオリジナルユニフォーム専門店

ルーツ仕事日記

ルーツ仕事日記

オリジナルユニフォーム、オリジナルエナメルバッグの(有)ルーツです。最新の制作事例をご紹介しております。

2016年11月26日

オリジナルロゴ刺繍の商品の納品

カテゴリー:ジャンパー, ポロシャツ

(株)井原技建様より会社のオリジナルロゴの刺繍のご依頼をいただき納品いたしました。

img_0276
img_0277
img_0290
img_0280
img_0287

ジャンパー、長袖ポロシャツの左胸に会社オリジナルロゴの2色刺繍加工をいたしました。

今回の様に同じ刺繍をジャンパー、ポロシャツの色を変えて加工することもございます。

一度刺繍の型を作製すればジャンパー、ポロシャツ等違う商品に刺繍加工が出来ます。

記 尾崎

2016年8月31日

丸味を帯びた白文字でやわらかい雰囲気のスタッフウェア

カテゴリー:ポロシャツ

DSCF1931DSCF1932DSCF1930

特定非営利活動法人「真庭いきいき会」様よりスタッフウェアのご依頼を今年もいただきました。
ご注文ありがとうございました。

商品はポロシャツやベストなどで商品カラーも皆様それぞれです。
プリントは共通で、丸味を帯びた白文字によりやわらかい雰囲気のスタッフウェアとなっています。

スタッフの皆様がお好みの商品を選ばれ、プリントは共通させてスタッフウェアとしての統一感を出されています。

真庭いきいき会様ホームページ
http://i-maniwa.com/area/ikiikikai/company/company_detail.html

真庭いきいき会様facebook
https://www.facebook.com/Maniwa.Ikiikikai

2016年8月23日

女子バスケット選手と保護者様でお揃いポロシャツ

カテゴリー:ポロシャツ

DSCF1939
DSCF1937
DSCF1938

埼玉県立浦和第一女子高等学校(浦和一女)バスケットボール部様よりご注文頂きました。
選手移動着と保護者応援用ポロシャツはお揃い商品です。

選手用のご注文は選手から、保護者様用は保護者様からご注文いただきましたが
お揃いのポロシャツとなりました。
プリントは別デザインですが、お揃いのポロシャツで心はひとつ。

そして選手の皆さま、保護者の皆さまからご好評をいただき嬉しく思っています。
ご活躍を願っております。

ネイビーなど色の濃い生地は、綿の場合は洗濯を繰り返すことにより色が褪せてきます。
ドライポロなどのポリエステル100%生地は色褪せがとても少ないので、繰り返しの
洗濯でも大丈夫です。

これは染料が違うこと以外に染色温度&圧力が違うことに起因します。
綿の常温常圧染めに対し、ポリエステルは130度程度の高温高圧染めにより
繊維の奥深くに染料を染みこませます。

2015年5月28日

ポロシャツへの刺繍

カテゴリー:ポロシャツ

春夏用の会社スタッフ用ポロシャツとして刺繍加工をして納品いたしました。
P1030014

P1030011

左胸ポケットの上、左袖、背中衿下の3箇所に刺繍加工をいたしました。
今回は会社のロゴ、キャラクターロゴ、文字の組み合わせで刺繍の型をそれぞれ手配して刺繍いたしました。

各箇所の刺繍の原寸大の大きさは下記の画像の様になります。
P1030018

P1030020

P1030015

左胸ポケットの上 →横 100mm× 縦 24mm
左袖         →横  90mm× 縦 73mm
背中衿下      →横 110mm× 縦 28mm

上記の大きさになります。

今回の刺繍の大きさは一般的な大きさでの刺繍になります。

お客様のご要望に沿って刺繍手配いたします。

記 尾崎

2015年4月9日

ポロシャツへの小さな刺繍と大きなプリント

カテゴリー:ポロシャツ

DSCF0986DSCF0990DSCF0991DSCF0998

 

ポロシャツへお奨めしたい複合加工をご紹介します。
小さな刺繍と大きなプリントの組み合わせです。

刺繍は高級感もあり、色数が多くても単色デザインとほとんど価格は変わりません。
ただデザインが大きくなると高くなってしまいます。
そこで小さなデザインを刺繍で胸や袖に、そして大きなデザインはプリントで背中に入れる
複合加工はお奨めです。

刺繍は糸の動かしかたで元が同じデザインでも出来上がりには大きな差がでます。
糸の動かしかたを決めるのは刺繍職人の腕の見せ所です。
動かし方を決める機械もありますが機械のままではたいていきれいな刺繍になりません。
職人が調整変更することにより数段出来栄えがよくなります。

シルクプリントは小さくても大きくても加工価格は同じですので大きさは気にせずにデザインできます。

ポロシャツ製作事例ページもご覧ください
http://www.e-roots.jp/poro/