豊富な加工方法を選べるオリジナルユニフォーム専門店

ルーツ仕事日記

ルーツ仕事日記

オリジナルユニフォーム、オリジナルエナメルバッグの(有)ルーツです。最新の制作事例をご紹介しております。

2019年2月9日

スタジアムジャケット&ポロシャツの納品

カテゴリー:ジャンパー, ポロシャツ, 加工方法(刺繍、プリント等)

関西大学北陽中学校吹奏楽部様に部員用としてスタジアムジャケット、ドライポロシャツを納品いたしました。




スタジアムジャケットは、左胸はシルクプリント、背中はカットマークプリントの加工をいたしました。

またポロシャツは左胸、背中ともシルクプリントの加工をいたしました。

同じプリントデザインですが、スタジアムジャケットとドライポロシャツでは背中の加工方法を変更しました。

ジャンパーは洗濯回数が少ないのでカットマークプリント加工をいたしましたが、ポロシャツは洗濯回数が多いと思われますのでシルクプリントの加工をいたしました。

今回の様に商品によっては同じデザインでも加工方法を変更することがございます。

商品によって加工方法の提案をいたします。

記 尾崎

2019年2月9日

シルクプリント(金色ゴールド、銀色シルバー)

カテゴリー:加工方法(刺繍、プリント等)

Tシャツなどへの加工方法でもっとも一般的なのは「シルクプリント」です。

1色ごとに版を作成し、液状インクを刷り込むプリント方法です。
Tシャツ、パーカー等のインクが染み込む生地には最適な加工方法です。

このシルクプリントの特長の一つとして『金色ゴールド』『銀色シルバー』プリントができるということです。
多くのプリント加工方法(インクジェット、フルカラー転写、昇華など)がありますが、金銀のキラキラ感を表現できる加工はほとんどありません。

シルクプリントは金色銀色の液状インクに<キラキラしたラメ=クリスマスツリーなどにかかっている金銀モールを摺りつぶした粉状のもの>を入れます。
そのために写真のようなキラキラ感が表現できます。

黒や紺のTシャツやパーカーなどに金銀プリントされるとかっこよく仕上がります。

記 幸田

2019年2月6日

同じプリントデザインのポロシャツ、トレーナー

カテゴリー:ポロシャツ, パーカー、トレーナー, 加工方法(刺繍、プリント等)

岡山市の江西小学校様にトレーナーを納品いたしました。


左胸、背中の2ヶ所に1色シルクプリントの加工をいたしました。
春にはポロシャツを納品いたしましたが、冬用に向けて同じプリントデザインのトレーナーのご注文を受けて納品いたしました。
参考までにその時の商品が下記の商品になります。


今回の様に同じプリントデザインを他の商品にプリントする事も可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

記 尾崎

2019年2月2日

シニールワッペン&直刺繍のサテンスタジャン

カテゴリー:ジャンパー, 加工方法(刺繍、プリント等)

シニールワッペン&直刺繍のサテンスタジアムジャンパーを納品いたしました。


サテンスタジアムジャンパーにはプリントで加工する場合が多いですが、今回は立体感があり且つ豪華に見えるシニールワッペン、刺繍の2つの加工を組み合わせました。
左胸は4インチのシニールワッペン、右袖は3インチのシニールワッペン、背中は大きくシルバーの刺繍をいたしました。

お客様より下記のコメントをいただきました。

この度は本当にありがとうございました。
想像以上に素敵に仕上げてくださってとても嬉しかったです!
刺繍の大きさも丁度良く、ワッペンもきれいに層ができていて文字がくっきり浮いていて素敵でした。
ワッペンも刺繍もとてもご丁寧に作業して頂き、理想以上の出来で本当に驚きました。
こちらの要望をしっかり聞いてくださって感謝致します。
もう着たくてウズウズしています。これからたくさん着てこのスタジャンと思い出を作っていきたいと思います。
また機会がありましたら是非よろしくお願いしたいと思いました。
本当にありがとうございました。

お客様のご要望に応じまして加工方法を提案いたします。

記 尾崎

2019年2月1日

刺繍入りポロシャツの納品

カテゴリー:ポロシャツ, 加工方法(刺繍、プリント等)

(株)ト―ショー様にスタッフ用ポロシャツを納品いたしました。


今回は左胸ポケットの上に2色刺繍(ピンク、銀糸)の加工をいたしました。
ポロシャツにはシルクプリントで加工することが多いですが、胸、袖、背中衿下などに小さく刺繍する場合はプリント代とあまり単価差が無く加工できます。
またシルクプリントの場合は1色ごとに型代が必要ですが、刺繍の場合2色以上の多色の場合でも型代は1型ですみます。
ワンポイントで多色の加工をする場合は刺繍もお奨めです。

記 尾崎