豊富な加工方法を選べるオリジナルユニフォーム専門店

(有)ルーツ・制作事例

(有)ルーツ・制作事例

オリジナルユニフォーム、オリジナルエナメルバッグの(有)ルーツです。最新の制作事例をご紹介しております。

2019年2月19日

刺繍&プリントのボタンダウンシャツ(ノーアイロン加工)

カテゴリー:Yシャツ

DCM様よりご依頼頂きました。
ご注文ありがとうございました。

商品はオックスフォード生地で形態安定加工を施しています。
洗濯後はパタパタッとして脱水シワを軽くとって干して頂くとノーアイロンで着用OKです。

加工方法は<胸は直刺繍><背中はプリント>です。
一概には言えないのですが、ざっくりした加工方法の使い分けは「小さなデザインは刺繍、大きなデザインはプリント」と言えます。

刺繍は1~数mmの間を糸が行ったり来たりしながら加工します。
立体的で高級感があり摩擦や洗濯もへっちゃらです。
ただ大きなデザインは時間がかかり加工代が高くなるのが難点です。

プリントは小さくても大きくても加工時間は変わりませんので加工代も同じです。
よって大きなデザインには持って来いの加工です。
ただ刺繍と違い1色ごとに1版が必要なので多色の場合は版代が高くつきます。

一般的には刺繍は高いというイメージがあるかと思いますが、胸などへの小さなデザインは刺繍の方がお安くできる場合もあります。
おおまかなデザインをお伝えいただければ、適した加工方法での概算お見積りはその場でお伝えできます。
商品、加工、お値段等なんなりとお問い合わせください。

記 幸田

LINEで送る
Pocket