豊富な加工方法を選べるオリジナルユニフォーム専門店

ルーツ仕事日記

ルーツ仕事日記

オリジナルユニフォーム、オリジナルエナメルバッグの(有)ルーツです。最新の制作事例をご紹介しております。

2014年3月31日

ポロシャツと刺繍

カテゴリー:ポロシャツ

roots_029

ポロシャツの胸や袖に刺繍を入れるとかっこよく仕上がることが多いです。

プリント加工は平面的なのに対し、刺繍は立体的な仕上がりとなります。
また刺繍糸があちこちに向くことによって刺繍糸への光の反射が変わり、
色に奥行きがでます。

あまり大きくない多色デザインの場合は特に刺繍が奨めです。
大きなデザインでなければプリントより極端に価格が高いことはありません。
また1色でも多色でも価格が同じなのも刺繍の特長です。

刺繍の価格は刺繍糸の運針数によって決まるので、同じような大きさでも
デザインによって針の振り方が様々で価格も変化します。
よって希望デザインを見せて頂くのが正確なお見積もりの最短方法です。

大きなデザインの場合は、価格が高くなるのでプリントが良いと思います。
それとポロシャツ、Tシャツのように肌に直接触れる服には、大きな刺繍はちくちくするので
お奨めしていません。

また会社名やサークル名等を文字だけで刺繍する場合は、刺繍機に登録済みの既成書体
から選んでもらえれば型代は無料です。
加工代だけで済むので必ず版作成の必要があるプリントより割安となる場合もあります。

何なりとお気軽にお問い合わせください。

記 幸田

LINEで送る
Pocket