豊富な加工方法を選べるオリジナルユニフォーム専門店

ルーツ仕事日記

ルーツ仕事日記

オリジナルユニフォーム、オリジナルエナメルバッグの(有)ルーツです。最新の制作事例をご紹介しております。

2017年4月21日

横須賀レスリング協会様へのエナメルバッグの納品

カテゴリー:エナメルバッグ

横須賀レスリング協会様よりご注文をいただきエナメルバッグ ブラック(大)を納品いたしました。

今回はシンプルにエナメルバッグの左下に白色1色シルクプリントの加工、肩ひもに白色の個人刺繍の加工を組み合わせました。

個人刺繍は英文字、漢字等お客様のご要望の書体をお聞きしまして加工いたします。

記 尾崎

2017年4月15日

長袖Yシャツへの複合加工

カテゴリー:Yシャツ

(株)プロヴァイド様よりスタッフ用長袖Yシャツのご注文があり納品いたしました。

左胸ポケットの上、背中の2ヶ所にはシルバープリントの加工、左衿にはライトグレーの刺繍加工をいたしました。

今回の様に衿には刺繍、左胸ポケットの上、背中にはシルクプリント等の違う加工を組み合わせて加工をすることもあります。

お客様のご要望をお聞きしまして最適な加工方法をご提案させて頂きます。

記 尾崎

2017年4月10日

7分袖ブロードシャツ&刺繍

カテゴリー:Yシャツ

The Friendship Force of Sapporo =FF札幌クラブ(非営利団体)の20周年記念としてご注文頂きました。
写真以外にも同じ刺繍で半袖ポロシャツや長袖Yシャツを作製させてもらいありがとうございました。
また後日紹介させて頂きます。

写真の商品は7分袖ブロードシャツに6色刺繍加工です。
FF札幌クラブ様の6色マークは転写プリントでも加工可能ですが、刺繍がとても映えるデザインですので少し加工代は高くなりますが刺繍加工で依頼頂きました。

刺繍は糸を1~3mm巾で振りながら縫っていく加工方法です。
プリントと違って、原画が同じでも糸の振り方の違いで仕上がりは違ってきます。
糸の振り方は職人技です。
単純な文字だけのデザインでは技の差はあまりでませんが今回のようなデザインは大きく仕上がり差がでます。

また刺繍は1色でも多色でも価格差があまりありません。
このあたりも刺繍の特長ですので上手くご利用頂ければと思います。
何なりとご相談ください。

2016年12月21日

津山市消防団新加茂分団様の消防ジャケット

カテゴリー:消防ジャンパー

041

津山市消防団新加茂分団様より消防ジャケットをご依頼いただきました。
ご注文ありがとうございました。

反射シルバーとオレンジの2色カットマークでスカッとした仕上がりです。
カットマークは色付きシートを、パソコンと連動した専用のカッティング機で切り出して熱圧着します。

よって液状インクのシルクプリントと違い、とてもデザインの際(きわ)がきれいな加工方法です。
カッティング機はナイフ型以外に最近はレーザー型もあり現在は併用しています。

カットマークプリントはジャンパー等の撥水生地に対しても接着強度が高いのも特長です。

2016年12月19日

愛知県津島市消防団神守分団様消防ジャンパー

カテゴリー:消防ジャンパー

愛知県津島市消防団神守分団様に消防ジャンパーを納品いたしました。

img_0337img_0338img_0339

左胸に消防マークをフルカラー転写プリントで加工し、背中には反射シルバー、蛍光オレンジの2色のカットマークプリント加工をいたしました。

今回は背中に不死鳥をイメージしました蛍光オレンジのデザインの加工をいたしました。

お客様より下記のコメントをいただきました。

非常に軽く防寒もしかっりできていて動きやすく着崩れしません。
団員の評判もよくありがとうございます。

一般的には消防マーク等を加工する場合が多いですが、今回の様にご希望のデザインを加工することもございますのでお気軽にお問い合わせください。

記 尾崎