豊富な加工方法を選べるオリジナルユニフォーム専門店

ルーツ仕事日記

ルーツ仕事日記

オリジナルユニフォーム、オリジナルエナメルバッグの(有)ルーツです。最新の制作事例をご紹介しております。

2015年4月9日

ポロシャツへの小さな刺繍と大きなプリント

カテゴリー:ポロシャツ

DSCF0986DSCF0990DSCF0991DSCF0998

 

ポロシャツへお奨めしたい複合加工をご紹介します。
小さな刺繍と大きなプリントの組み合わせです。

刺繍は高級感もあり、色数が多くても単色デザインとほとんど価格は変わりません。
ただデザインが大きくなると高くなってしまいます。
そこで小さなデザインを刺繍で胸や袖に、そして大きなデザインはプリントで背中に入れる
複合加工はお奨めです。

刺繍は糸の動かしかたで元が同じデザインでも出来上がりには大きな差がでます。
糸の動かしかたを決めるのは刺繍職人の腕の見せ所です。
動かし方を決める機械もありますが機械のままではたいていきれいな刺繍になりません。
職人が調整変更することにより数段出来栄えがよくなります。

シルクプリントは小さくても大きくても加工価格は同じですので大きさは気にせずにデザインできます。

ポロシャツ製作事例ページもご覧ください
http://www.e-roots.jp/poro/

LINEで送る
Pocket