消防ジャンパー専門店 ――有限会社ルーツ

ワッペン

直刺繍 イメージ

フェルトやエンブクロスを土台にして、その上に刺繍をしたものです。
フチも刺繍糸でかがります。
外形は写真のような円形でも四角形でも星型でも自由です。
ただあまり複雑な外形はできません。

ワッペンの種類

◆フェルトワッペン

フェルトワッペン
やわらかなフェルト生地を土台として、その上に刺繍をして回りも刺繍糸でフチドリします。
ソフトな仕上りです。

■エンブクロスワッペン

エンブクロスワッペン
刺繍を打ち込んだような、エンブクロスを土台として、その上に刺繍をします。オレンジのエンブクロスに黒、白糸で刺繍しています。
シャープで高級感のある仕上りです。

●ツイルワッペン

ツイルワッペン
凸凹の少ないフラットなツイルを土台として、そのうえに刺繍をします。円形ワッペンは直径8cm~9cmが一般的です。
ツイルは自然な風合いの仕上りです。

土台(フェルト、エンブクロス、ツイル)と刺繍糸は下記からお選び下さい。
◆フェルトカラー 13色(ソフトな仕上り)

フェルトカラー 13色(ソフトな仕上り)

■エンブクロス 20色(シャープで高級感のある仕上り)

エンブクロス 20色(シャープで高級感のある仕上り)

●ツイル 18色(自然な仕上り)

ツイル 18色(自然な仕上り)

刺繍糸は32色からお好きな色をお選びください。

刺繍糸

    刺繍糸について
  • 材質はレーヨン100%です。
  • 金糸、銀糸だけは材質が違い、作り方も違います。
    ポリエステル糸に、細い金、銀の金属フィルム(クリスマス飾りのモールのようなもの)を巻いて作ります。
    レーヨン糸より固く、経年変化で光沢は鈍くなります。

アップリケ

ワッペン

  • アップリケはワッペン加工方法の1つです。
  • 通常ワッペンは回りを刺繍糸でフチドリし、そのワッペンをミシンで商品に縫い付けます。
  • アップリケはフチドリしないワッペンを商品の上に置き、フチドリ糸で商品に縫い付ける方法です。

ワッペンの縮みについて

洗濯や雨に濡れたワッペンが波打ってしまったり歪んだりしたことはございませんか?

    当社のワッペンは
  • (1) 生地裏側に直にアイロン熱着フィルムを熱圧着します。
  • (2) 次に又裏側に不織布をアイロンで熱圧着して刺繍します。
  • (3) 仕上げにもう一度裏側にアイロン熱着フィルムを熱圧着してヒートカットします。

※アイロン熱着フィルム=正式名称は「ダイアミドフィルム」と言います。縮みを止めるフィルムでワッペン表面生地より価格が高いものです。

  • (1)の工程が特に重要で、表面のワッペン生地と密着させる事により、ワッペンの縮みを防ぎ耐久性を高めます。この工程を省くとワッペンが濡れた時に必ず縮みます。
  • どのワッペンも見た目では同じように見えますが、工程により大きな品質差が出ます。
  • 上記工程を守った上でのベストなお見積りをさせて頂きます。

おおよそのデザインと大きさがわかればすぐに、版代や加工代はお伝えできます。お電話やメールで何なりとお問い合わせください。