豊富な加工方法を選べるオリジナルユニフォーム専門店

ルーツ仕事日記

ルーツ仕事日記

オリジナルユニフォーム、オリジナルエナメルバッグの(有)ルーツです。最新の制作事例をご紹介しております。

2016年9月30日

オリジナルワッペン&直刺繍のスタジャン

カテゴリー:スタジャン

dscf2093
dscf2094

狭山南バスケットボール様よりご依頼頂きました。
ご注文ありがとうございました。

左胸はオリジナルデザインのエンブクロスワッペン、背中は直刺繍です。

このようにシンプルながらも複合加工することにより商品の仕上がりに奥行きが出ます。
ワッペン、直刺繍ともにプリント加工と比較すると立体的ですが、組み合わせることによりさらに奥行きがでることが多いです。

元となるデザインが大切ではありますが、同時に加工方法の選択により仕上がりは大きく変化します。
ラフデザインの段階でも加工方法のご提案やお見積もりはできますので遠慮なくご相談ください。

2016年9月17日

ソフトで着やすいジャンパー(イエローに黒プリント)

カテゴリー:ジャンパー

dscf2016dscf2017

倉敷市の玉島障がい者支援センター「はばたき」様よりご依頼いただきました。
ご注文ありがとうございました。

近々入所されている方、地域の方が参加される「玉島はばたきまつり」が開催されます。
その時にスタッフの方がこのジャンパーを着用されます。
お近くの方はどうぞご参加ください。
<玉島はばたきまつり>
http://kgwc.or.jp/tamashima-habataki/author/thabataki

ジャンパーはソフトな軽い生地で、袖口や裾をニットテープで軽く絞ってあり動きやすい型です。
プリントカラーをファスナーやニットテープに合わせて黒色とすることにより、落ち着いたバランスの良い仕上がりとなりました。

2016年8月31日

丸味を帯びた白文字でやわらかい雰囲気のスタッフウェア

カテゴリー:ポロシャツ

DSCF1931DSCF1932DSCF1930

特定非営利活動法人「真庭いきいき会」様よりスタッフウェアのご依頼を今年もいただきました。
ご注文ありがとうございました。

商品はポロシャツやベストなどで商品カラーも皆様それぞれです。
プリントは共通で、丸味を帯びた白文字によりやわらかい雰囲気のスタッフウェアとなっています。

スタッフの皆様がお好みの商品を選ばれ、プリントは共通させてスタッフウェアとしての統一感を出されています。

真庭いきいき会様ホームページ
http://i-maniwa.com/area/ikiikikai/company/company_detail.html

真庭いきいき会様facebook
https://www.facebook.com/Maniwa.Ikiikikai

2016年8月30日

3種類加工(刺繍、ワッペン、プリント)のYシャツ

カテゴリー:ボタンダウンシャツ

DSCF1849
DSCF1852

ドッペルギャンガー/DOPPELGANGER自転車を展開されているビーズ(株)様よりご依頼頂きました。
スタッフ用Yシャツのご注文ありがとうございました。

ブランドイメージに合わせて「ワッペン+直刺繍+プリント」の複合加工により凝ったデザインながらスッキリとした軽快な仕上がりとなりました。

半袖オックスフォードシャツに3種類の加工です。
・左胸=直刺繍
・右袖=ワッペン
・背中=直刺繍+シルクプリント

このように複合加工をすることにより、かっこよく仕上がることは多いです。
また1種類だけの加工よりデザインごとに適した加工を選んだ方がコストが抑えられることもよくあります。

ドッペルギャンガー自転車のHPです。どうぞご覧ください。
http://www.doppelganger.jp/

2016年8月23日

女子バスケット選手と保護者様でお揃いポロシャツ

カテゴリー:ポロシャツ

DSCF1939
DSCF1937
DSCF1938

埼玉県立浦和第一女子高等学校(浦和一女)バスケットボール部様よりご注文頂きました。
選手移動着と保護者応援用ポロシャツはお揃い商品です。

選手用のご注文は選手から、保護者様用は保護者様からご注文いただきましたが
お揃いのポロシャツとなりました。
プリントは別デザインですが、お揃いのポロシャツで心はひとつ。

そして選手の皆さま、保護者の皆さまからご好評をいただき嬉しく思っています。
ご活躍を願っております。

ネイビーなど色の濃い生地は、綿の場合は洗濯を繰り返すことにより色が褪せてきます。
ドライポロなどのポリエステル100%生地は色褪せがとても少ないので、繰り返しの
洗濯でも大丈夫です。

これは染料が違うこと以外に染色温度&圧力が違うことに起因します。
綿の常温常圧染めに対し、ポリエステルは130度程度の高温高圧染めにより
繊維の奥深くに染料を染みこませます。