スタジアムジャンパー専門店 ――有限会社ルーツ

加工方法

加工方法は、シニールワッペン、直刺繍、ワッペン&アップリケ、カットマーク2の中からお選び頂けます。それぞれの概要と詳細をご説明いたしますが、デザインによって最適な加工方法は違いますので、よろしければお気軽にお問い合わせ下さい。

シニールワッペン

シニールワッペン

工程は通常のワッペンと同じですが、刺繍加工を毛糸のような太い糸で行ないます。 そうすることでモコモコとした出来上がりになります。

メリットはこのモコモコ感と、通常の刺繍糸ワッペンより刺繍針数が少なくコストダウンできることです。 デメリットは細かなデザインが出来ないことです。

直刺繍(じかししゅう)

直刺繍

生地に刺繍糸(レーヨン糸)を直接刺繍します。
立体感があり、多色デザインもでき高級感出すのに最適な加工方法です。

胸などに小さめのデザインを刺繍する場合は、プリントとさほど価格差は ありません。
背中などに大きく入れると高くなりますので、プリントやカットマークをお奨めすることが多いです。

既成文字だけなら、版が不要なのでプリントより安価にできる場合もあります。

ワッペン&アップリケ

ワッペン&アップリケ

ワッペン

フェルトやエンブクロスを土台にして、その上に刺繍をしたものです。フチも刺繍糸でかがります。
外形は写真のような円形でも四角形でも星型でも自由です。ただあまり複雑な外形はできません。

このようにして出来上がったワッペンを、ミシンで服に縫い付けます。

アップリケ

上記のワッペンと途中までは同じ工程で、フチをかがっていないワッペンを作ります。
そのワッペンを商品の上に置いて、フチかがり刺繍糸をワッペンと商品にまたがせながら縫い付けていきます。
よってワッペンの端がめくれることはありません。

カットマーク2

カットマーク2

カットマークの中で、エンブクロスというシートを使用するとこのように2色重ねもでき、立体的で高級感がでます。

見た感じは刺繍に少し似ていて、刺繍よりコストダウンできます。
ボ-リングシャツの背中の、所属クラブや個人名などはこの加工です。



ご注文の流れ

お客様係 幸田(KOUDA)

お客様係
幸田
(こうだ)

お客様係 尾崎(OSAKI)

お客様係
尾崎
(おさき)

私達がデザインのお手伝い~お見積り、納品まで担当させて頂きます。

ご相談やサンプル申し込み
商品サンプル貸し出し
完成イメージ図作成
2週間~3週間で完成